【わろてんか】高橋一生はいつからいつまで出演か?

わろてんか高橋一生いつから

朝ドラの『わろてんか』に出演する高橋一生さんは、いつからいつまで出演か?についてまとめてみました。

 

ドラマ『カルテット』や『おんな城主直虎』に出演して、2017上半期ブレイク俳優ランキング1位の高橋一生さん。

『わろてんか』にも出演するということで、いつから出演?と話題です。

ついでにいつまで出演かもまとめてみましたので、高橋一生さんの出番が気になってしょうがない時の参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク




実在モデルは?

高橋一生さんが『わろてんか』でいつからいつまで出演か?の前に、高橋一生さんが演じる、伊能栞(いのうしおり)の実在モデルに迫ってみたいと思います。

『わろてんか』の主人公、てんは、吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにしていると言われています。

では、高橋一生さん演じる伊能栞にも実在モデルがいるんでしょうか?

 

現在、実在モデルでは?といわれているのが、小林一三と言われています。

 

小林一三さんは、阪急グループの創業者で、

  • 阪急電鉄
  • 宝塚歌劇団
  • 阪急百貨店
  • 東宝
  • 阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)

などを創設した実業家です。

 

『わろてんか』てんのモデルとなった吉本せいと同じく、明治後期から大正、昭和を生きた人物です。

実在モデルの吉本せいと小林一三さんの年齢も16歳しか離れていません。

まさに同じ時代を生きた人物ですね。

 

吉本せいは、1950年、終戦間もなく60歳の若さで亡くなりますが、小林一三さんは、1957年、84歳の時に亡くなっています。

戦中は、商工大臣も務めた人物。

吉本せいと小林一三さんには接点がないようにも思いますが、小林一三さんは、鉄道事業をしながら沿線の土地を買い上げ、住宅事業やショービジネスにも手を広げていきます。

 

お笑いの吉本興業、映画の東宝、とくれば松竹が外せません。

松竹は、お笑いでは吉本とライバル。

映画では東宝とライバル。

 

一方、吉本と東宝は、直接的なライバルではなかったため、吉本の芸人を映画に出演させるなど協力関係にあったようです。

また、せいの実弟、林正之助は、吉本興業の社長に就任しますが、東宝の社外取締役にもなっています。

協力関係にあったからこそ、『わろてんか』に出演する高橋一生さんのモデルは、小林一三さんだと言われているわけですね。

 

ただ、吉本せいと小林一三さんがお見合いをしたという話はなかったようです。

なので、あくまで高橋一生さんのモデルは、小林一三さんだけど、フィクションとして物語を作ってる、ってことになりますね。

ということで、高橋一生さんのモデルは、阪急グループの創業者、小林一三さんの可能性が大です。

 

伊能栞の役柄

高橋一生さん演じる、伊能栞の『わろてんか』での役柄ですが、若い青年実業家として登場します。

もちろん、てんとの縁談話があるくらいですから、未婚です♪

東京生まれの東京育ち。

大阪の伊能製薬社長の息子だが正妻の子でないため、神戸で貿易会社を興して実家とは距離を置いている。

てんの結婚相手になるはずだったが、てんが藤吉を好きだと知って、てんを後押ししてやる度量の広い男。

エンターテインメントに関心があり、それが縁で藤吉やてんと親交を深め、日本に華やかなショービジネスを根付かせていくことになる。

引用:https://www.nhk.or.jp/warotenka/

 

高橋一生さんはいつから出演?

さて、お待たせしました!

 

高橋一生さんがいつから『わろてんか』に出演か?ですが、すでに出演しております。

10月11日(水)放送の第9話

からです。

第7話でもお見合い写真で登場してましたが、ちゃんと登場したのは、第9話から。

 

登場シーンがかっこよすぎ!

高橋一生さんが『わろてんか』に登場したのは、第9話からですが、その登場シーンがかっこよすぎました(笑)

てん(葵わかなさん)が、藤吉(松坂桃李さん)の手紙を読んで、大阪に行けば会えるかもしれない、と思い、1人で大阪の町に来ますが、結局見つからず(手紙でウソをついてたせい)、悪い3人組に路地裏に連れて行かれてしまいます。

そこへ通りかかったのが、高橋一生さん演じる伊能栞。

まだ着物の時代に、白いスーツを着て、1人で3人をやっつけてしまいます!

お見合い相手と運命の出会いをするなんて!

 

さすがに出来すぎでしたね(笑)

このままお見合いの話が進むのかと思いきや、じっさいには、恋の進展はありませんでした。

ただ、てんの実家を助けたりするので、今後も出番はあるでしょうね。

スポンサーリンク




いつまで出演?

『わろてんか』での高橋一生さんの出番は、今後もあるでしょうが、では、いつまでなんでしょうか?

ここで、さっき確認した高橋一生さん演じる伊能栞の実在モデル。

実在モデルが、小林一三さんなら、まだまだ出番がありそうです。

 

『わろてんか』の実在モデル、吉本せいは、1950年、戦後まもなく亡くなってしまいますが、『わろてんか』も、戦中、戦後まで描かれるかもしれません。

その時代には、高橋一生さんのモデルとなった小林一三さんも生きていますから、『わろてんか』の最後まで出演しそうですね。

 

ネタバレ注意!

この先は、高橋一生さんがいつまで出演するか?の予想として、『わろてんか』の今後、どこまで描かれるかも予想しますので、ネタバレになってしまうかもしれません。

『わろてんか』のイイところを知りたくないなら、この先は読まないで下さい。

さっきまでで、だいたい予想は終わってますから。

 

てんの実在モデルとなった吉本せいの夫、藤吉のモデルになった人ですね。

藤吉のモデルになった人は、吉本吉兵衛。

吉兵衛は、1924年に37歳で亡くなっています。

吉兵衛の夢は、大阪を制覇したら、通天閣を買い取ること。

 

夫である吉兵衛は、早くに亡くなってしまいますが、吉本せいは、その後、夫の夢を果たし1938年、48歳の時、通天閣を買い取ります。

亡くなった夫の夢をかなえるシーン。

かなり感動するシーンになりそうなんで、ここで終わりかもしれません。

 

ただ、あくまでフィクションなんで、どうなるかはわかりませんが…。

スポンサーリンク




まとめ

『わろてんか』の高橋一生さんはいつからいつまで出演するか?についてまとめてみました。

 

いつから出演か?は、

10月11日(水)第9話

でしたね。

 

すでに、ときどき出演してるんで、今後の出番も期待大です。

 

いつまで出演か?については、あくまで予想ですが、

最後のほうまで

出演するでしょう。

高橋一生さん演じる伊能栞のモデルが、小林一三さんなら。

 

ただ、てんの実在モデル、吉本せいさんには、弟がいました。

弟も小林一三さんと関わることになるんですが、『わろてんか』では、妹りんは登場しますが、弟は登場しませんでしたね。

ひょっとして風太が弟代わりになって事業を手伝う、なんてこともあり得ますが。

高橋一生さんがいつまで出演するかは、あくまで予想なんで一緒に確かめましょう♪